今月の逸品 千金堂

快適な暮らしは窓で変わる!

蒸し暑さが和らぎ、涼しくなってきましたね。

だんだん秋の気配が近づいてきました。

 

ところで、家の断熱性能は窓の仕様で結構変わるってご存知でしたか?

建物から逃げ出す暖かい熱は、窓から出て行くことが一番多く、なんと全体の約48%を占めます。

いくら高い性能の暖房機器を使用しても、窓の断熱性能が悪ければ熱は窓から逃げていってしまいます。

今回は、サッシの種類と断熱性能をご紹介します。

本格的に寒くなる前に、窓を見直してみませんか?

 


サッシは、断熱性能が高い順に、木、樹脂、アルミといった材質が用いられます。

①【アルミサッシ】フレミングJ   (YKKap)

010206_01

防露性能、断熱・遮熱性能、省エネ性能に優れた複層ガラス障子を標準としています。

アルミ枠の室内アングル部に熱伝導率の低い樹脂を用いることで、結露を抑えることができます。アルミ障子を組合せた標準的な窓です。

アルミサッシは、現在最も普及しています。寸法精度が高く気密性・耐久性に優れていますが、室内の熱を失いやすく結露しやすいという点で寒冷地では十分とはいえません。

※(参考) 熱貫流率:Low-E複層ガラス ガス無 3.49 W/(㎡・K)

 

②【アルミ樹脂複合サッシ】APW310  (YKKap)

010202_01

アルミと樹脂それぞれの素材の長所を活かし短所を補った形で、昨今多く開発されているのが、室外側にアルミ、室内側に樹脂を使った複合サッシです。

枠・障子にアルミと熱伝導率の低い樹脂を組合せた複合構造です。上下のアルミ枠には断熱樹脂をはさみ、より効果的に断熱性能を実現しています。快適性とデザイン性を兼ね備えた窓です。

 

※(参考) 熱貫流率:Low-E複層ガラス ガス無 2.33 W/(㎡・K)

 

③【樹脂サッシ】APW330  (YKKap)

010201_01

枠・障子に断熱・耐候性に優れた樹脂を採用したオール樹脂製です。

硬質塩化ビニール樹脂のプラスチックを主な材料とする樹脂サッシは、断熱性・遮音性が高く結露しにくいものの、強度ではアルミサッシに劣ります。

しかし樹脂の熱の伝わりは、アルミの約1,000分の1。室内外の温度差で生じる結露を大幅に軽減します。

※(参考) 熱貫流率:Low-E複層ガラス ガス無 1.67 W/(㎡・K)

 

※熱貫流率とは、熱の伝えやすさを表した値のことです。数字が小さいほど性能が良いことになります。


 

サッシは、材質やガラス種類によって性能が様々です。

枠の種類だけでなく、単板ガラスと複層ガラス、透明板ガラスなのかLow-Eガラスなのか等でも断熱性能は変わってきます。

用途や予算に合わせて適切に選びましょう。

 

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です